3403031

メルボルンで専業主婦?     ワーキングママ?

こんばんは

スクールホリデーも今週で終わりですね。早く幼稚園と学校始まってくれないかなあと密かに思っているmelmakitchenです。

妊娠が分かるとうれしい反面 子どもが増えるたびに同じ悩み3回目、、

嬉し恥ずかし恋の悩みならいいけど

違うねん
あー仕事を続けようか??辞めて専業主婦になろうあ。

と自分に問いかける。

メルボルンで専業主婦になる?ワーキングママになる?

1人目の場合

若さあり!情熱あり!

日本語教師を目指していたから 迷う事なく 保育園に入れていました。

そんな彼ももう14歳

2人目の場合

妊娠36週目まで働き退職。

仕事に戻るつもりなしで専業主婦に なる。

子どもが1歳の時に仕事の話が舞い込み じゃあ、週に2回くらい入りますの予定が気付けば週5になり毎日やん、、、気付けば月から金まで保育園…

3人目の妊娠が分かり仕事辞めて以降幼稚園に変更

3人目の場合

同じく妊娠36週目まで働く。

産まれるまでシフト入れられそうな雰囲気だったからもう勘弁してやーっとボスに念押し再び専業主婦を決意し仕事辞める。

そしてもう直ぐ1歳の息子をみながらどうしよう。働きたくなってきた。

今ウズウズ、、

そこで 考えてみた。

仕事をしててのメリット

1番はやっぱり お金

自分の収入が有るという事。

「世の中やっぱり お金かいな。」と思うかも知れないけど お金ないと夫婦喧嘩は増える原因になるしダンナさんが急に仕事辞めた時 困る。

後 家を買う予定のある人は やはり ダブルインカム強し
もう1つはやっぱり手に職!

自分のスキルを社会的に認めて貰える事はやっぱり嬉しい。

但し 稼ぎすぎで収入が増えすぎると(働きすぎると)保育園代は政府に負担して貰えなくなる可能性があるから

  • 給料➖保育園代=0に近い。
  • = 何の為に 働いているのか 分からない…

と言う方程式が出来て泣けてくる。涙 → 私

そして2回同じ事を繰り返し3回目の正直

専業主婦になってのメリット

1番得たものは時間

働くママでお金を追っかけていた時に見えなかったものが 見えてきた。

(別に不思議なパワーを持っている訳じゃございませんで)

ふと立ち止まって 考える時間が出来たと言う意味です。
仕事してた時はとにかく時間が勝負で常に仕事の時間、送迎の時間、ごはんの時間、寝かせる時間、、、

時間、時間、時間に追われていた。

だから ふと 人生を 立ち止まる 余裕がなかった。

だから3人目の息子は

立ち止まり 考える 時間を 私にくれたのだと思う。
だから 衣食住 について 改めて考え直すことが出来た。

後 私自身の人生について 自分と向き合う時間が出来た。
子どもの為に 無理のない範囲で作れる物は 手作りし 服や家に溢れてある物達、少しづつ 断捨離し 現在シンプルライフを目指している。

専業主婦には終わりがないから毎日 する事は沢山ある。

ごはん作り、掃除、洗濯、子どもの送迎 その他色々、、

家にいるのに自分のやりたい事全く出来ない。

しかも 相手は 聞き分けのない子どもだったりまだ 何も 分からない赤ちゃんだったりするからやっかい。だからこっちのペース 乱されまくり時々イラーってストレス溜まり 爆発 → 後で1人反省会

ほんでもって年中無休の24時間営業 シフト交代なし、、

そして 無給…

でも子どもの笑顔や寝顔を見ればそんなんどうでも良くなってくる。

まとめ

こちら メルボルン (オーストラリア) は保育園代が高いので 週に 2、3日だけ働くのが ベスト かと思います。

育児ストレス溜まらない程度にまた仕事ストレス溜まらない程度に人生はバランスさ。

勿論 私の周りでもフルタイムママも入れば 専業主婦ママもいます。

子どもの為に家にいるのも良し!

子どもの為に働くのも良し!

人の数だけ子育て感あり
おやすみなさいまし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。