3403031

プロフィール

初めまして(メルマキッチン)です。

鹿児島出身の薩摩おごじょ

高校卒業後にもっと広い世界をみたくて関西へ旅立つ

短大卒業後、大阪の保育所で6年働く

そして大阪からもっと広い世界がみたくてオーストラリアにワーキングホリデーで旅立つ

それから月日は過ぎてあっという間に18年経ち

現在は15歳の長男、6歳の長女、2歳の次男の3人の子育てするオーストラリア在住のアラフォーママです。

仕事だって次々に変えて

保育士→日本語教師→シェフ→起業→魔法が使えることに気づいてしまったママです。←(現在ここ)

【保育士は天職】と思うほど子どもが大好きです。

保育士として働いていた時に子供を取り巻く環境は大事というのが認識していたつもりなんですが、母親になり3人の子育てをしてきてやっと最近本当の意味がわかってきたんですね。

子どもと取り巻く環境って地球すべてのことだったんです。

だから私には地球を守る義務がある

子育てを始めてから13年も経った後に気づきました。

それまでは環境保護とかエコという言葉とは縁のない生活をしていました。

家事と仕事と子育てに追われて毎日の生活をこなすことが精いっぱい

 

2016年に主婦の野望を燃やしメルボルンで誰もしていなかったのでラーメンの移動販売を開始!

祭りと聞くとそこへ車を走らせたこ焼きを焼き焼きそばを炒めるフードトラック母ちゃんしてました。

常連さんがついて軌道にのってきた直後に妊娠発覚!

新生児を誰にも預けることは出来ずまさかのビジネス中断。

 

 

でもねお金を追ってばかりいた時に見えなかったものが見えるようになったんです。

赤ちゃんが生まれた後にね。

赤ちゃんは私に魔法をもってこの世にきてくれたんです。

 

そうです。

はじめのきっかけは3男を妊娠したこと

3人目の次男の出産後、ワーキングママから子育て歴13年にして初めての専業主婦になった経験は私に考える時間をくれました。

同じ時期に長男(当時13歳)がベジタリアンになると宣言したことも大きく私の生き方を変えました。

学校で環境保護のことを習ったのでしょうか?

彼は14歳の誕生日の日からお肉を食べないと決め本当にその日からベジタリアンになりました。

現在15歳になりましたが一切お肉を口にしていません。

牛を食べることにより大量の土地が必要なこと。大量の餌、水、

牛のおならやげっぷによる空気汚染。

長男の影響を受け、私も自然環境のことをいろいろ調べ始めそこから私のエコライフがスタートしました。

そこから新しい主婦の野望あらため魔法使いに変身したメルマキッチンに新しい使命!が出来ました。

子供に優しい!環境に優しい!地球に優しい!暮らしをみんなに広げること。

というわけでオーストラリアのメルボルンからエコライフ情報を発信中です。

 

 

私の夢は水と空気の世界一きれいなタスマニアに家を建て自給自足のコミュニティをつくりたいです。

アースシップっていうリサイクルの木材やタイヤやガラス瓶をつくってつくる地球に優しい家。

自分たちに必要な野菜は自分たちでつくり電気も水電やソーラーパネルからもらい、きれいな川や海から水をもらい誰も傷つけない

自然のサイクルに寄り添った持続可能なライフスタイル

自然と仲良く寄り添って生きたいな。