3403031

メルボルンへ子連れ旅行!子連れで遊べる室内プレイセンターはラティチュード

 

メルボルンといえばグレートオーシャンロード(だけど遠い)

 

メルボルンといえばペンギン(だけどペンギン見る時間夜遅い)

 

メルボルンといえばヤラバレー(でもお酒飲めない)

 

メルボルンへ旅行に行きたいんだけど子ども連れて遊ぶことあるのかな?なんて悩みありませんか!

 

今日はメルボルン在住歴18年の私が娘を良く連れて行く観光ブックに載っていない楽しい場所を紹介しますね。

 

ぜひ大人のあなたもお子さん達も時間を忘れて汗かきながら遊んでください。

 

今日おススメする場所は室内プレーセンターその名も「ラティチュード、メルボルン」

 

ラティチュードはロッククライミングとトランポリンをメインにしたとても大きなインドアセンターです。

多分、日本ではこんな大きい室内施設ってめったににみられないと思います。

 

アクテビティは4種類

  • トランポリン
  • ロッククライミング、クライミング
  • うんてい器具のグリップ
  • キッズゾーン

 

100面トランポリンエリア

ここには100面以上のトランポリンやパフォーマンスできる場所があります。

トランポリンの上にバスケットゴールがついていたり、柔らかいエアバックのような場所に着地できるエアバックトランポリンがあったりして大人の私も時間を忘れて飛んでしまいます。

身軽な子どもたちはここで逆立ちしたり、回転したり、まあ元気にピョンピョンしているので体力消耗するの間違えなし

夜にぐっすり寝て欲しかったらぜひ好きなだけトランポリンを飛ばせてあげるといいですね。もちろんママもカロリー消費するからダイエットになりますよっ

10種類以上のロッククライミング

ロッククライミングはこんな感じ

 

比較的、簡単そうなのはこれでした。

穴が沢山あるので7歳の娘もわりと平気で1番上まで上がっていきます。

 

クライミングの場所には高さが18mのロッククライミングがなんと12種類

種類も様々で年齢や初心者向けから上級者向けとあります。

 

真ん中にあるピンクのタワーは上まで上がったら今度は一気に降りれるのですが娘が最後の着地するのが好きで何度も繰り返していました。

 

あなたもおためしあれ!

 

 

こちらはよ見ると穴がミッキーになっていたりアヒルの穴になっていたりと楽しめます。いろんな形を探してみてくださいね。

(注)登っていく側にはあまり穴な形を見る余裕がないようです。😭

 

こちらは7歳の娘で結構、難しそうにしていました。

何度も挑戦さて挫折していましたが、中学生や大人だったら出来るかな?やってみる価値がありそうですよ。

 

 

こちらは網を上がって行くクライミング

 

 

忘れないで!安全ベルト装着

ロッククライミングに登るときはこんな感じで二個クリップで安全ベルトに装着します。

 

 

1つ目のクリップは1番下のマットにこんな感じで固定されています。

 

クリップは引いて回して開ける三段階になっていてこれが始めの何回か慣れるまで大変でした。

 

 

 

終わったらマットのフックに留めます。

 

 

 

体力、筋力を競う場所 グリッド

 

オーストラリアで人気のテレビ番組「ニンジャ、ウォーリヤ」という番組があるのですが、その番組に出たい若者たちがせっせとやっていました。うんていをしたり高い壁を乗り越えたりと、おばちゃんの私には、、、、無理そうです。

 

年齢7歳以上、身長が125センチないとここには入ることが出来ませんので注意してください。

 

 

18か月から5歳の子どもにはキッズゾーン

 

2歳の息子は毎回、ここで遊びます。

 

小さい子ども達用に小さなロッククライミングもあります。

 

スポンジプールに子ども達は飛び込んで遊ぶのをが楽しそうにしていましたよ。

 

 

 

 

 

 

キッズゾーンの場所も大きいので走り回ったり滑り台したりと小さい子どもでめ飽きないようになっていますよ。

 

 

 

 

 

 

 

オムツ替えのトイレもあるしお腹ぎ空いたらカフェも中に入っているので数時間は楽しむことが出来ると思いますよ。

 

ラティテュードの料金

 

5才以上 始めの1時間 20ドル   1時間追加 13ドル

学生割引(平日のみ 小中学生)   15ドル   追加 7ドル

キッズゾーン 10ドル  1時間追加 7ドル

 

滑らない専用靴下を$2.00で買う必要があります。

 

ラテテュードの場所と行き方

 

590 Waterdale Road ,Heidelberg 3081Austraria

 

1300 123 528(英語のみです。)

 

メルボルン市内からの行き方

 

バスで約50分くらいです。

 

バス250番号に乗った場合

 

リトルコリンストリートまで行く

ラトローブ、ユニバーシティ(ラトローブ大学行きにのり43分

ウォーターデルロードで降りる

歩いて数分

 

 

 

 

 

 

 

955のバスに乗った場合

セイント、ポール、フリンダース駅前の955のバスに乗車

クリッサンロードとウォーターデルの交差で下車

歩いて6分

 

服装

 

動きやすい服装にスニーカーが1番です。

 

貴重品を預けられるロッカーがあります。(日本語も選択出来るようになっていたので安心)

 

 

 

営業時間

月から木曜日 10時から7時

金、土曜日 10時から9時

日曜日 10時から6時

 

まとめ

 

観光行きたいけど小さい子どもがいて数時間離れた場所には行きたくない。かといって市内の買い物だけでは子どもが退屈しちゃうかも。って時にはオススメな場所です。

 

バスだと1時間くらいかかりますが車だと市内から30分で行けます。

駐車場もありますのでレンタカーを借りているなら車で行くも良し

 

動物園は気候に変動され、寒い時や雨の時は動物が小屋に入っていて出てきてくれないなんて時が結構あります。😭

 

ぜひ海外でしか体験出来ない大きなインドアセンターであなたも子どもに戻ったみたいに飛び跳ねてみてはどうですか?

レンティングカーズが選ばれる4つの理由
1.世界のレンタカーブランドを一括検索・比較できます
2.30秒でどこよりもお得な最安値をご案内します。
3.日本払い、現地払いが選べます。
4.日本語チャットサポートで安心です。

5 Comments

アバター かおり

いつも楽しく見させて頂いてます。メルボルンに息子と移住したいのですが、わからないことだらけで参考にさせて頂いてます。

返信する
アバター かおり

ご返信ありがとうございます。
私は今大阪在住で息子は今、幼稚園の年長で、来年小学校です。
いつもメルボルンの素敵な記事をありがとうございます。移住をしてみたいと思ってはいるのですが、行ってみたこともなく、向こうに知り合いもなく、息子は学校も考えなくてはいけないので、現実的には大変かなとは思ってはいます。しかしメルボルンはとても住みやすく良い町のようなので、いつか実現出来ればと思っています。

返信する
melmakitchen(メルマキッチン) melmakitchen(メルマキッチン)

こんにちは!私もオーストラリアに来る前は大阪に住んでいましたよ。食べ物がおいしかったなあー!親子留学オーストラリアとなればけっこう値段がしますもんね。フィリピンが人気ですよね。小学生でホームスティもまだ寂しいだろうし。一度観光で遊びに来られてはどうですか??メルボルンは住みやすい街ですよ。

返信する
アバター かおり

大阪に住まれていたんですね!私は大阪生まれ大阪育ちです。そうなんですよー息子がまだ小さいので、何をするにも親同伴になるので色々考えます。特に来年小学校なので一つの区切りとしてこれからの事を色々考えたりします。メルボルンはとても住みやすい街と良く聞きます。観光で一度行ってみたいですねーこちらの夏休みの時期はそちらは季節は反対ですか?

いつもお忙しい中、メールの返信ありがとうございます。とても励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。